新世紀エヴァンゲリオン 外伝 超少女アスカ

第107話

「ミサト、サンキュー!」 ネルフに着いたら、アタシは急いでミサトを見つけてお礼を言ったわ。まさか、こんなに ミサトの仕事が早いなんて、まあ分かってはいたけど、でも想像以上だったのよね。きっ と、結構無理しちゃってるんだわ。 でもね、ミサトはそんなことは微塵も感じさせなかったわ。ヘラヘラ笑って、気にしない でいいのよと言ってくれたの。 「アスカやシンちゃんには命懸けで戦ってもらうんだもん。大人の私がこれくらいはちゃ ちゃっとしないとね。」 う〜ん、なんて大人なの、ミサトは。なんか、尊敬しちゃうわね。でもね、聞こえちゃっ たのよ。 「葛城さ〜ん、急に無理な仕事を押しつけないでくださいよ〜っ。テニス協会の人、怒っ てましたよ〜っ。」 えっと、日向さん、だっけ?徹夜明けみたいな眠そうな瞼で現れたのは。 「はははっ、ごみん、ごみん。」 それを見たミサトは、手を合わせて謝り出したわ。 「ごみんもいいですけどおっ、お願いだからやれって言うだけじゃなくて、少しは手伝っ て下さいよ〜っ。」 前言撤回。単に優秀な部下に恵まれただけのようね。 *** 「さあ、シンジ。帰りましょう。」 「うん、帰ろうね。」 エヴァの各種テストや訓練を終えると、アタシ達は、いつものように二人で仲良く帰るこ とにしたわ。アタシの提案をミサトやリツコが受けてくれたおかげで、アタシ達の訓練や テストは、レイとは時間をずらして行われるの。だから、シンジがレイと会うのは学校だ けなのよ。 学校では3バカトリオが一緒にいるおかげでレイが入る隙間は無いから、シンジとレイが 仲良くなることは考えられないわね。 シンジとレイが仲良くなるのには、今はまだ早いわ。アタシとシンジの仲が磐石のものに なってからじゃないとね。シンジは浮気者なところがあるから、今はレイと仲良くさせる のは危険なのよ。 もっ、もちろん、アタシがシンジに惚れてるからじゃなくって、シンジがアタシ以外の人 間の言うことを聞くと困るからよ。あっ、あったり前でしょ、そんなこと。 でもね、レイも一人にさせておくのは可哀相だから、なんとか友達が出来るようにと考え ているところなんだけど、これが思った以上に大変なのよねえ。アタシがいくら頼んでも、 レイに話しかけるような人はいないのよ。 とはいえ、レイをアタシのグループに入れるのも考えものなのよ。だって、シンジと顔を 会わせるチャンスが増えちゃうじゃない。本当に困ったわ。一体どうしましょ。あちらを 立てればこちらが立たずっていう状態なのよねえ。 う〜ん、困ったわねえ。いっそのこと、男をくっつけようかしら。女の子って、恋をする と信じられないくらいに変わるって言うものね。 だれか、レイに合うような男はいないかしら。美形で、頭がよくて、スポーツも得意で、 優しくて、明るい男の子なら異存は無いんだけどね。クラス中どころか、学校中見てもい い男の子は見つからないわ。 だから、残念ながらレイを男の子とくっつけるのは、いい男が見つかるまでは無期限延期 ね。いくらなんでも、変な男の子とレイをくっつけるのは可哀相だもの。レイはアタシと 同じで、容姿端麗、頭脳明晰だから、釣り合ういい男がなかなか見つからないかもね。 アタシはシンジとおしゃべりしながらも、そんなことを考えていたの。そしたらね、さす がの鈍感大王でも分かったらしいのよ。 「あのお、アスカ、僕の言うこと聞いてるの?」 アンタの話しなんざ聞いちゃいねえって言いたかったんだけど、さすがにそれはやめたわ。 シンジはまだまだ精神的に不安定だから、傷つけるようなことを言うと良くないのよねえ。 海に飛び込むくらいならいいけど、車道や線路に飛び込まれたら厄介だもの。 「あ、うん。聞いてるわよ。一体どうしたの?」 「う、うん、なんでもないよ。アスカがなんか、上の空のようだったから。」 「あら、そう見える?いやだなあ。でもアタシ、疲れているかもしれないわ。」 「えっ、そうなの。だったら早く帰って休まないと。」 「そうね、そうしましょう。」 アタシは、これ幸いと早めに家に帰ることにしたわ。 *** 家に帰ると、アタシはシンジにテニスのお勉強をさせたわ。聞いてみたら、シンジは混合 ダブルスのことは全然分からないみたい。ルールさえ知らないみたいなのよ。こりゃあ、 シンジをいっちょまえにするのは、結構大変かもしれないわね。 アタシは散々悩んだ末、シンジが最も効果的に覚えるであろう方法を試してみたの。そう、 エッチなことをエサにすることにしたの。 「はい、これを覚えたら、今月は毎朝キスしてあげる。」 「はい、これを覚えたら、今月は夜寝る前にキスしてあげる。」 「はい、これを覚えたら、今月は寝ている時に胸を触ってもいいわよ。」 なんて感じでシンジにテニスの知識を覚えさせようとしたのよ。そうしたらね、シンジは 超人的な記憶力を発揮したのよ。男の子って、本当にエッチなのね。それとも、シンジが 特別なのかしら。 でも、今度の試合までにはシンジは何とか使えるようにはなりそうね。アタシは、少し安 心したわ。 つづく(第108話へ)

目次(目次へ)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― あとがき  やっぱりミサト。日向をこき使っているようです。一方、シンジですが、やっぱりドス ケベでした。それとも、元々記憶力が良いのでしょうか。   2004.6.20  written by red-x